一人ひとりが可能性を最大限に発揮できる社会をつくる

インドで下着をつくりたい

「私だって、働きたい」

「私だって、勉強したい」

「私にも、できる」

大きな目をカッと開き、熱く語るインドの女性達。

「彼女達の、大きな可能性を世に示したい」

2010年にインドで彼女達と出会った江副は、

その思いを忘れられずにいました。

しかし江副はその可能性を試す一歩を踏み出せぬまま、月日が流れていました。

ビジネスを通して女性の地位を向上したい

2019年「ビジネスを通して女性の地位を向上したい」

という思いを持つ綿石に、江副は

「インドで下着をつくりたかった」と話しました。

「一緒にやりましょう」

綿石もまた、女性の体型変化に寄り添いつつ

生活に彩りを与える下着に注目していたのでした。

こうして、

Rangoli(幸福を呼ぶ模様) + Lingerie(美しさを楽しむ下着)

Rangorie(ランゴリー)が生まれました。

「一人ひとりが可能性を最大限に発揮できる社会をつくる」

作る人も、着る人も。

Rangorieは、一人ひとりが可能性を最大限に発揮できる社会を目指します。

CONCEPT

「Rangorieはインドの女性達と共に商品を作ります」

インド農村部にて職業訓練と起業家教育を行うNGOであるDrishtee(ドリシテ)と連携し、

女性縫製職人による小規模縫製工場の立ち上げを支援・生産依頼しています。

Rangorieは3つのこだわりを持って商品づくりをしています。

ETHICAL

「一人ひとりの可能性を生かす」


就業を希望するインド農村部の女性達に、

生産の一部を委託しています。

INDIANESS

「気分が華やぐ」


魔除けや幸せへの願いが込められた、

インドの美しい模様を用い、

身につける人の幸福を願ってデザインしています。

COMFORTABLE

「最高の自分に寄り添う」


型にはめず、自分らしく。

身につける人が可能性を最大限に発揮できるよう、

快適な着心地を追求しています。